組織を率いる
リーダーのために。
アクショナブルインサイトが
自律した組織に変える。
組織の状態を把握し、
組織改善のアクションをサジェスト。
資料請求はこちら

チームワークが
自律的に向上する

チームが大きな成長を遂げる唯一の方法は、小さな成長を日常的に積み重ねることです。
NEWORGは、可視化・行動・学習のサイクルを通じて自律的な成長ができるように、リーダーとそのチームを支援します。

01

Feature 01
アンケートと
チャット解析の掛け合わせで
主観×客観の両データを可視化
SlackのAI解析×アンケートを組み合わせてコミュニケーションを把握。両面から分析することで、より精度の高い診断を得られ、チームの本当の姿を見ることができます。

Feature 02
解析結果をもとに、
チームの課題を解決する
アクションを提示
「アクショナブルインサイト」をSlack経由で毎週提示。マネージャーの「わかっていてもできない」をなくし、行動変容を促します。
※「アクショナブルインサイト」とは解析データを基に提示する、マネージャーやチームメンバーが取るべきアクションの総称
02

Feature 03
振り返りー蓄積ー成長
継続学習できる仕組みを搭載
短期間のサイクルを実施するだけで、自然に学習を継続できます。実施したアクションの履歴も一覧で管理。自身の動きを顧みて、上司からのフィードバックを受けやすくなり、更なるチームの成長につながります。
03
サービスを
詳しく知りたい方はこちら
資料請求
Case study

導入事例

ご利用いただいた企業やチームの活用方法をご紹介します。

圧倒的な社内コミュニケーションの質向上を目指す

キノトロープはWebビジネスのためのソリューションカンパニーです。クリエイティブのクオリティを高めるには、質の高いコミュニケーションが必須。創業から組織を大きくするなかで「圧倒的なコミュニケーションの質」を追い求めてきました。 「Slack内でのコミュニケーションを可視化したい」と思ったときに見つけたのが、Laboratikでした。誰と誰がやり取りしているか、つながりやその強さも見えることに興味を持ちました。
キノトロープにおけるハイパフォーマーとは「チームや会社に役立つことを考えている人」かつ、それらを「発信している人」です。もちろん、日々仕事に取り組むなかで、メンバーの言動を見れば明らかですが、Laboratikのツールを通じてチャットデータが解析されることで、より鮮明になりました。
人は何かを伝えても、なかなか意図の通りに伝わるとは限りません。そんなとき、メンバーが同じ認識を共有することで、仕事でも大きな成果が出ます。共有認知を作り、コミュニケーションの質を上げること。それこそ、経営の役割だと思います。


株式会社キノトロープ
代表取締役社長 生田昌弘さん
全文を読む

管理から自律へ、社員の働きやすい環境を考えてたどり着いた施策

ゼクウは採用管理システムやWebリクルーティング・採用マーケティングの開発販売を手掛けるシステムベンダーです。私が社長に就任した2016年から積極的に採用を行い、60人規模の組織になりました。
組織が大きくなるなかで、定期的にアンケートを取るエンゲージメントサーベイを利用していました。ところが、利用するにつれてメンバーがアンケートに慣れ、「組織の実態が正しく反映されていないのでは?」と感じていました。
そんな折にLaboratikのサービスならば、Slack内のコミュニケーションデータを分析して、フォローすべきメンバーを教えてくれたり、コミュニケーション改善提案をしてくれると聞き、魅力を感じたのです。
サービス導入後、バリューを体現しコミュニケーションのハブになっている人材がわかるようになり、Slack内での発言や受発信の解析によって、コミュニケーションがより主体的になった人を発見できるようになりました。これからの時代は「管理から自律」の経営が重要になると思います。こと細かにメンバー自身や物事を管理するのではなく、個人の自主性を伸ばして生き生きと働ける環境を創ることが必要です。


株式会社ゼクウ
代表取締役 当摩武彦さん
営業企画室室長 相場敏行さん
全文を読む
事例をもっと見る
Comment

推薦コメント

MITメディアラボ客員研究者/米Humanyze President
Ben Waber
NEWORGは、現代版のマネジメント実践に移行するための完全なソリューションです。
企業の文化的な変化は、単に願望を必要とするだけでなく、管理型から、自律型のスタイルへの移行を完全にサポートするツールが必要であり、NEWORGはそれを実現します。
従業員のライフサイクル全体にわたる行動データ、アンケート、そしてアクションの組み合わせにより、このツールは現在および将来にわたって必須のツールとなるでしょう。
早稲田大学商学部 准教授
村瀬 俊朗
21世紀の世界で生きていくには、物質的縛りとトップダウン型の組織体系にこだわるのではなく、個人がより自立して働きながら、組織としての柔軟なx繋がりを維持しなければなりません。
しかし、自立と繋がりの両方を個人の努力で達成することは、容易ではありません。
NEWORGは、個人の働き方の開放と組織の繋がりの両立を支援するために誕生した、まさに現代の組織にとって欠かせないツールです。
「働く」に、
本当の自由を。